今年もやって来た!!

自然が豊かなここ桜の里には、毎年、満開だった桜が散った今頃になると、やって来る鳥達がいます。

拡大してよく見ると・・・・・・・。

どうやら、ツバメ達が巣作りを物色し始めている様です。毎年、桜の里の住戸の中でもいくつか玄関先に巣作りをします。今飛んでいる鳥達は、もしかしたら昨年ここから巣立ったのかもしれません。何千キロも遠くから渡って来たのかもしれないと思うと・・・。思わず、頑張れ!と声を掛けたくなります。

昔から、ツバメは農作物の害虫を食べる益鳥として、また巣をかけた家には幸福を招く鳥として親しまれてきました。

◆巣を落とすことは法律により禁じられています
 ツバメなどの野鳥は、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(略称:鳥獣保護管理法)」により保護されており、都道府県知事の許可がなければ、卵やヒナが中にいる巣を落とすことは禁じられています。これに違反した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

「公益財団法人 日本野鳥の会」HPから抜粋


という事だそうなので、ツバメを見掛けた際にはやさしく見守ってやりたいものです。

  • 2017年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

ページ上部へ